統合医療・鍼灸外来心と体の
統合医療・鍼灸外来

「対症療法」だけではなく、全人的に診る「原因療法」を中心とした医療です。

心と身体と環境の面から
総合的にアプローチ。

心と身体と環境の面から
総合的にアプローチ。

これまで医療機関で実践されてきた医療の多くは、西洋医学に基づく「対症療法」が中心でした。悪い部位があれば、そこを取り除くという考えです。しかし、人間の身体はすべてが相関的につながっており、一部分だけを治療しても根本的な解決にはなりません。「対症療法」に対し、単に病だけではなく、“こころとからだ”を全人的に診る、「原因療法」を中心としたものが統合(ホリスティック)医療です。心と身体と環境の面から総合的にアプローチすることが、本来の医療のあるべき姿だと当院は考えています。

耳鼻咽喉科
耳鼻咽喉科
kadomaru
【 このような症状の方に 】

自律神経失調症…肩こり・冷え性・不眠・便秘・めまい・イライラなどの症状
生活習慣病…高血圧・リウマチ・胃十二指腸潰瘍などの諸症状
アレルギー、事故後遺症、トラウマ、パーキンソン氏病、潰瘍性大腸炎、がんの予防など

心身を通し幅広い症状に対し、治療を行うことができます。上記以外でも、お気軽にご相談ください。

kadomaru

キネシオロジーによる診療

心身統合医療 診療風景
患者さんの“こころとからだ”に問いかける。
自律神経のバランスをチェックする「筋反射テスト(キネシオロジー)」を活用し、患者さんの“こころとからだ”に問いかけながら、副作用がなく安全で優しい診療に努めています。ご本人さえも気づいていない、家族や人間関係の問題、心の奥底に潜む感情などによるストレスが、じつは身体の不調や病気の原因であることも少なくありません。まずは、あなた自身にそっと問いかけてみましょう。

解決の糸口を見つけ、
プラス思考を呼び覚ます

心身統合医療 診療風景
身体のエネルギーの流れを変換。
統合医療では、まず、身体にあらわれた症状の原因となるストレスを探り、解決の糸口を見つけることから始めます。原因が分かったら、マイナスになっていた気持ちを前向きにするための治療を行います。人はストレスを感じると、身体の中にアンバランスが生じている状態にあります。そこでエネルギーの流れを良くするように促す「ESR(エモーショナル・ストレス・リリース)」などを活用しながら、自分らしさを取り戻すお手伝いをし、プラス思考を呼び覚ましていきます。

高麗手指鍼治療

「手は人体の縮図」、
手指の鍼灸で全身の治療を。

当院では、韓国で広く知られる「高麗手指鍼」を治療のひとつとして取り入れています。「手は人体の縮図」という考えのもと、身体の不調の部分を、手のひらと手の甲を対象として治療を行います。同治療の優れた部分は、手が対象であるため、患者さんご自身が自宅でも治療できること。医師が「手の図」を使って、どの部分にお灸をすれば良いか分かりやすく説明しますので、ご安心ください。

鍼灸 施術中
鍼灸 施術中
高麗手指鍼とは?
自1975年、柳泰佑(ユーテウ・高麗手指鍼療法学会長)が確立した新しい鍼灸術。苦痛も副作用もなく、手早く病気の治療ができ、韓国では300万人もの人が利用しています。治療範囲は広く、中でも神経性疾患、疼痛の解消、慢性的な疾患には効果が高いとされています。当院の院長・樋田和彦は、柳泰佑氏と30年以上の交流があり、定期的に韓国で開かれる学会でも発表しています。

日本高麗手指鍼学会

高麗手指鍼 写真
韓国での学術大会 写真1 韓国での学術大会 写真2
韓国での学術大会にて
  • トップページ
  • 当院について
  • 耳鼻咽喉科
  • 統合医療・鍼灸
  • ホリスティック医学・統合医療・鍼灸

WebBook「主治医はあなた」

ホリスティック医学・統合医療・鍼灸